痔瘻 膿 色

痔瘻の膿の色には種類があります

スポンサードリンク

 痔瘻になると、患部から膿が出てくるようになります。その色について疑問を持つ方が多いです。痔瘻になった時の分泌液の色には、幾つか種類があるので、観察してみましょう。

 

【色の種類】
痔瘻の膿にはいくつか種類があり、色にも違いがあります。膿の色は、白っぽい物や黄、茶やピンクが多く、どれも痔瘻になった時に出てくる膿です。その違いでは、膿に血液が混ざると、ピンクや茶に変化します。

 

【膿に含まれる成分】
痔瘻のウミには、色々な成分が含まれています。また、含まれている成分により、膿の出方や臭いも変化します。主に含まれているのは血液や細菌です。そのため、分泌液が出てくると悪臭を放つ場合もあるので、患部は常に清潔にしておく必要があります。

スポンサードリンク

 

【含有成分で色の変化があります】
ウミから出てくるのは、主に細菌や血液が混ざった液体です。痔瘻は、細菌が繁殖して炎症を起こす事で発症するので、悪臭等が酷い場合もあります。もしそうなってしまった場合は、速やかに医師の診断を受診しましょう。

 

こういう症状が出てしまった場合、放置してはいけません。放置する事により、どんどん細菌が繁殖し、手術しても後遺症が残ってしまう可能性もあるので、下着が汚れる程の症状が出た場合は、速やかに医師の診断を受診する事をお勧めします。手遅れになると、大変な事になるので注意しましょう。また、手術する場合は、痛みが長引く事もあるので、出来るだけ早めに治療を始めましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加