痔瘻 術後 膿

痔瘻の術後で膿が出る

スポンサードリンク

 痔瘻は、別名あな痔と呼ばれています。その理由は、肛門の周りに穴が開き、そこから海が出てくるからです。それを治療するには手術を受ける事が必要になります。

 

【術後の経過】
穴痔は、肛門の周りに穴が開き、そこから膿が出てくるので、下着が汚れる場合や、悪臭を放つ場合があるので、早目の治療が必要になります。また、化膿しているので、発熱やズキズキとした痛みを感じる場合もあります。

 

【完治するには手術が必要】
痔瘻を完治させるには、手術を受けなければなりません。しかし、術後も患部から膿が出てくる事があり、術後でも安静が必要になります。また、術後でも膿が出てくる状態なので、肛門の周辺は常に清潔にしておく必要があります。

スポンサードリンク

 

【術後でも膿が出てくるので注意】
痔瘻は、術後でも膿が出る状態なので、周辺を清潔に保つ必要があります。また、縫合してもしばらく痛みを感じる事があるので、鎮痛剤を処方してもらうほうが無難です。安静にしていれば痛みはそれほどひどくはなりませんが、人によって切開する範囲が違うので、個人差があります。

 

手術後に出てくる液体は、傷口からの分泌液の場合がありますが、傷口の表面から出てくる体液が、腸内に常駐している大腸菌に反応した液体という場合もあります。そのため、膿が出なくなるためには、痔瘻の傷口がふさがり、痔瘻が完治する事で、完全に出てこなくなります。粘液が体内から出てきている場合は、その周りを常に清潔にしておく必要があるので注意しましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加