痔瘻 手術後 痛み いつまで

痔瘻の手術後は、いつまで痛みが続くのか

スポンサードリンク

 痔瘻を発症した場合、出来るだけ早めに医師の診断が必要になります。また、痔瘻の手術を行った場合、手術後にはしばらくの間痛みがあります。いつまで傷口がいたむのかは人によって違いますが、痛みが治まるまでは時間が必要になる場合もあります。

 

【手術中と手術後の痛み】
痔瘻の手術はどの様な処置なのか疑問ですが、手術によって患部を切除する手術になります。患部を切り取るので、当然いたみがあります。手術中は麻酔が効いているので、それを感じませんが、手術後は段々麻酔が切れてくるので痛みを感じるようになります。

 

【痛みには個人差があります】
痔瘻の手術後は、人それぞれでいたみの感じ方は異なります。また、痔瘻手術の方針や手術を行う医師の技量や手術の度合いによってもそれはかなり違ってきます。そのため、どの程度のいたみ、いつまで続くのかは本人しかわかりません。また、傷口の大きさでもいつまでそれが続くのか、大きく変わってくる可能性があります。

スポンサードリンク

 

【一週間は必要です】
痔瘻の手術を行った場合、その後の経過で傷口はふさがりますが、手術後はいつまでもいたみが取れない可能性があります。人によっては二週間ほど取れない場合もあります。また、酷い場合は、医師から鎮痛剤が処方されるので、それを服用しておきましょう。

 

手術が苦手な方の多くは、手術後のいたみが苦手と言います。しかし、手術して切除しなければ、さらにそれを発する事になります。早目にそれから解放されたい場合は、手術を受けましょう。いつまでもいたみを感じるよりも、早目に楽になりましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加