痔瘻 手術後 出血

痔瘻は手術後の出血に注意しましょう

スポンサードリンク

 痔は日本では最もポピュラーな病気として知られており、それほど大騒ぎする事でも無い病気でもあります。しかし、痔瘻で悩んでいる方は多く、現在では3人に1人は悩んでいるとも言われています。

 

【手術の後は注意しましょう】
痔瘻は、基本的には手術をしなければ完治する事が出来ないので、痔瘻で悩んでいる方は、早目に医師の診断を受け、手術しましょう。また、手術後は、出血する事が多いので、患部からの出血には十分注意する必要があります。

 

【術後は患部を清潔にしておきます】
痔瘻の手術後で大切なことは、患部を清潔にしておく事です。患部を清潔に保ち、傷口が治るまでは安静にしておく必要があります。しかし、排便はしなければならないので、排便時には特に注意が必要になります。

スポンサードリンク

 

【排便時の注意点】
手術後の注意点では、強い痛みや、排便時の出血があります。手術後に我慢できないような強い痛みがある場合や、排便時に出血してしまった場合、病院へ行きましょう。出血の度合いは、少量の出血は問題ありませんが、大量に出血してしまう場合もあり、その時にはすぐに医師の診断を受けましょう。

 

痔瘻は、症状が軽い方やそうでない方がいます。痔瘻になった場合、痛みを感じない方はいいのですが、我慢できないほどの痛みを発する方の方が多く、手術を受けるほうが良くなります。手術後は、安静にし、出来るだけ痛みが無いように配慮が必要になるので、医師の指示に従いましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加