痔瘻 手術後 痛み

痔瘻手術後の痛みについて

スポンサードリンク

 痔瘻になってしまうと、ほとんどの方が手術を必要とする状態であり、手術しなければ完全に治療する事が出来ない状態になっています。そのため、医師はすぐに手術するように勧めてきます。

 

【痔瘻の手術と手術後の痛み】

 

痔瘻の状態は、初期状態から悪化した状態を言います。痔瘻になる手前の状態は、肛門周囲に膿が溜まった状態であり、それが悪化すると肛門の皮膚に達します。皮膚に穴が開いた状態になると、痔瘻になります。それを治療するには手術が必要になりますが、痔瘻の状態のときは、かなりの激痛になります。

 

【手術後は痛みを和らげます】
痔瘻になってしまうと、立っていられないほどの痛みを覚えます。肛門周囲膿瘍が悪化した場合、お尻が炎症を起こしてしまうので、激痛になり、座る事さえできなくなります。そうなってしまった場合は、すぐに医師の診断を受け、手術を受けましょう。手術後は、痛みが和らぐので、ほとんどの方が体調回復します。

スポンサードリンク

 

【手術しなければ治りません】
酷い痛みを伴った場合、手術をしなければ患部を治療する事が出来ないので、患部を切開し、中に溜まってしまった膿を出す手術を行います。手術後しばらくすると、痛みも治まりますが、人によっては手術した後、患部からたまった膿が暫く出てくる状態になる方もいます。そういった場合には、その膿がすべて出てくる迄何かをあてがいましょう。

 

手術を行うと、ほとんどの方は完治する方向に向かいます。立っている時や、座る時に、肛門付近に激痛を伴う場合は、すぐに専門医を受診し、早目の治療を行いましょう。手術後、その痛みは和らぐので心配はいりません。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加