痔ろうの日帰り手術後の注意点

スポンサードリンク
痔瘻は、痔が悪化して直腸と皮膚の間にトンネルが出来る事を言います。その場合、中から膿が出てくるので、常に下着が汚れてしまう事になります。その場合、病院で手術を受けなければならないので、早めに診察を受けましょう。

 

【手術は日帰りでも可能】
痔ろうになると手術が必要になるので、入院しなければならない事が殆どです。しかし、症状や患部の具合により、日帰りでも治療が可能になる場合があります。それは、痔瘻が軽度の場合です。

 

【患部の状態で日帰りできます】
痔ろうの手術はその患部の状態で入院期間も決まります。軽度の痔ろうであれば日帰りでも治療が出来ますが、手術後のケアはとても重要なので注意しましょう。しかし、膿のトンネルが複数ある場合は、日帰りでの手術は出来ない場合が殆どです。

スポンサードリンク

【手術後のケア】
痔ろうの手術は、複数の場合や患部の位置によって料金が違います。また、患部の状態によっても入院期間が異なるので、手術後の経過は非常に重要です。手術後は、患部の周りを常に清潔にしておく必要があります。また、排便の時には出血に注意が必要になり、もし出血してしまった場合は医師に相談しましょう。
痔ろうの手術後は、膿が出てくるので、患部は常に清潔を保っている状態が必要になります。また、治療後は、痛みが辛くなることもあるので、座薬や鎮静剤を使用して、痛みを和らげましょう。しかし、それらの薬は医師の診断を受け、処方してもらった薬を使用する必要があります。スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加