痔瘻の手術は麻酔を使うので痛くないです

スポンサードリンク
痔が悪化し、いぼ痔や切れ痔を経て、最終段階である痔瘻に発展してしまうと、自然治癒する可能性は低いので、手術をしなければなりません。手術を行うという事は、それなりに痛みを発してしまう可能性があります。いぼ痔や切れ痔は、痔瘻程痛くないです。

 

【経験者しかその痛みはわかりません】
いぼ痔や切れ痔は、経験している人であればその痛みの強さや辛さはわかりますが、経験のない人はわかりません。また、手術自体は麻酔を使うので、術中は痛みを感じる事はありません。術後の経過で痛みが辛くなる可能性があります。

 

【痛みとの闘いがあります】

 

痔瘻の治療を行う時は、患部に関わる部分に麻酔を使用するので、ほとんど痛みを感じる事無く終了します。そのため、手術自体はそれほど痛みと戦う事はありません。麻酔を使用する時に少し痛む程度であり、痛くないです。

スポンサードリンク

【術後の経過が辛いです】
痔瘻の手術を行うと、麻酔が切れてからの痛みが辛い場合があります。術中は、麻酔により痛くないので、心配はいりません。また、痔瘻の場合、患部を切開して膿を出すので、痛みの他に膿の臭いがあります。その両方を改善していく事になります。

 

痔瘻を治そうとする場合、ほとんどの場合で手術が必要になります。そうなる前に、いぼ痔や切れ痔の段階で、ある程度の治療をしておくことをお勧めすます。最終段階になってしまうと、直腸から肛門周辺の皮膚にトンネルが出来てしまい、大変なことになります。手術は麻酔をするので、痛くないです。しかし、術後のケアは必要になります。痛くなくなれば、完治している証拠になります。スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加