痔瘻に使用する座薬とその効果

スポンサードリンク
痔瘻に使用する薬の種類は色々ありますが、痔瘻になってしまうと薬局では薬の販売がありません。座薬を入れる方がいますが、それはいぼ痔や切れ痔の段階に使用する薬であり、痔瘻になってしまうと使用できる座薬があっても病院から処方されたものを使用する事になります。

 

【入院中の座薬】
痔瘻で入院した場合、手術を行い、痔瘻の原因である膿を体外に排出させる事が目的です。そのため、手術が終わっても、膿が体外に排出される迄は入院しなければならない場合があります。また、手術後は、痛みを伴います。その場合は座薬を使用して痛みを緩和するので、座薬を入れる事にもなれなくてはなりません。

 

【点滴とそのほかの薬】
痔瘻の手術を行うために入院すると、胃腸の中を空っぽにする必要があるので、食事制限になります。そのため、手術を行う数日前から食事をとらなくなるので、点滴で必要な栄養を補う事になるので、食事はとる事も出来ません。術後は食事がとれるようになるまで時間が必要になりますが、痛み止めなどの薬を服用する事になる場合もあります。

スポンサードリンク

【薬の入れ方を確認しましょう】
痔瘻の治療では、一日に決まった錠数の薬を使用する場合があります。痛み止めに使用する場合や、解熱剤として使用する場合もありますが、痔ろうの場合は直腸に座薬を入れる事により、患部を修復出来るように作用する成分を入れます。そのため、座薬を入れる事に慣れなくてはなりませんので、使用方法と入れ方を確認しましょう。

 

術後のケアで大切なのは、処方された薬を使用し、患部を早く治す事です。医師の診断と指導を受け、確実に薬を使用できるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加