痔瘻の膿は臭いので注意しましょう

スポンサードリンク
痔瘻になると、肛門周辺から膿が出てきます。そのため、下着が汚れやすくなり、悪化すると異臭を発します。その異臭はとても臭いです。

 

【肛門周辺の膿には注意しましょう】
痔瘻になると、肛門周辺から膿が出てきます。そうなってしまうと痛みを発します。また、痛みの他には熱が出てくるので、専門医に相談する必要があります。しかし、膿が出てくる状態になるという事は、症状が進行している証拠なので、入院や手術が必要になります。

 

【臭いの原因】
痔瘻になると、肛門周辺からウミが出てきます。それが臭いの原因になっており、膿で下着が汚れると、悪臭を放つようになります。ウミの原因は、便に含まれる細菌が、肛門腺に入り込む事により、周辺が炎症を起こすので、これらの症状を引き起こします。

スポンサードリンク

【炎症を起こす原因】
痔瘻になる炎症を引き起こす要因は、肛門腺の中に細菌が侵入してくる事にありますが、肛門腺の役割は、分泌液を出し、便の滑りを良くする働きがあります。肛門腺は大きくないので、固形となっている便が入り込む事はありませんが、下痢になってしまうと侵入してくることがあります。このことが原因で、細菌による感染症を引き起こしてしまい臭いの原因になります。

 

痔瘻の場合、膿は老廃物なので、体の外に出す作用が働きます。その為、細菌に侵された患部を修復するために膿が作られ、体外に排出するという現象が起きます。老廃物として出てきた分泌液は、細菌を含んでいるので臭いと感じます。スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加