痔瘻の日帰り手術をする場合の入院期間は?

スポンサードリンク
痔は男女問わず悩む病気です。男性は大腸の細菌による痔瘻が多く、女性は便秘からくる切れ痔が多いと言われています。また、その種類や治療方法は異なり、手術に掛かる費用や入院する期間も違いがあります。

 

【痔瘻に掛かる入院期間】
痔瘻の治療を行うと、入院を勧められます。手術の方法も症状や患部の状態で異なるので、一概には言えませんが、多くの場合は痔瘻の手術を行った後、傷口の経過を見てからの判断になります。そのため、人によって治療に掛かる期間に違いがあります。また、術後は痛みを伴う事になります。

 

【治療に掛かる期間は人それぞれ】
痔ろうの手術を行った場合、入院に掛かる期間は人それぞれ違います。手術を行うと、患部を切開し、傷口から膿を出す事になります。膿が完全に外に出てくる迄日数が必要になる場合がある他、痛みを伴うので、その期間は入院する事を勧められます。

スポンサードリンク

 

【放っておくと危険です】
痔瘻になっているのに、それを放置してしまうと大変なことになります。炎症が起きている患部からは常に膿が出てくるので、下着が汚れてきます。また、放置する事により、悪臭を放つので、周りの方にも迷惑が掛かる事もあります。さらに危険なのは、それを放置しておくと、肛門癌になる可能性も出てくるので、放置しないでしっかりと治療する事が必要です。

 

手術を行うと、必然的に入院期間が必要になりますが、それには個人差があります。手術は、患部を切開する事になり、痛みを伴う事があります。そのため、傷口が落ち着き次第、経過を見てからの退院となります。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加