痔ろう 症状 しこり

痔ろうの症状としこり

スポンサードリンク

 痔ろうは日本人に多い病気で、痔で悩んでいる方は非常に多いです。しかし、日頃の会話では痔で悩んでいるという話はあまりしません。しかし、症状が出た時には医師の診断を受けるようにしないと大変なことになる可能性があります。

 

【痔瘻の症状としこり】
痔ろうには種類があり、最も多いのはいぼ痔です。その次に多いのは切れ痔となり、聞きなれないのは痔瘻です。痔瘻はいぼ痔や切れ痔と違い、最終段階とも言われています。治療するには手術しなければならいと言われています。

 

【症状としこり】
いぼ痔や切れ痔の場合、病院に行き治療する方は比較的少なく、ドラッグストアーで市販されている薬を使用して治す方も多いです。しかし、痔ろうはそういう訳にはいかない病気となってしまいます。症状は、肛門周囲に膿ができ、それが悪化すると肛門内に細菌の入り口が出来ます。その後、皮膚にも穴が開き、そこから膿が出てきます。また、しこりが出来ても痛みがない場合もあるので、医師の診断が必要になります。

スポンサードリンク

 

【しこりに注意】
痔ろうの症状で重要なのは、肛門周囲に膿が出来る事です。この症状が出た場合は速やかに医師の診断を受ける必要があります。また、しこりが出来る事もあるので、肛門周辺に痛みを発症したときに、しこりが出来ていないか確認しましょう。しこりが出来ている場合は注意が必要ですが、膿の袋がある時には痔ろうになっている可能性が高くなります。

 

痔は一般的な病気で、薬局で薬が販売されていますが、痔瘻はそうではありません。そのため、速やかに医師に相談しておきましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加