痔瘻 クッション

痔瘻には円座クッションが必要

スポンサードリンク

 痔瘻になると、肛門周辺に痛みがあり、我慢できない程の痛みを発する事があります。そのため、病院に通う事になりますが、長時間座っている場合は座布団が必要になる場合があります。

 

【座布団等の必要性】
痔瘻は、痛みを発すると立っていられなくなる事があります。そういう時は座る事になりますが、直接床に座ると痛みがさらに辛くなる事があります。その痛みには個人差がありますので一概にどの程度の痛みになるかはわかりません。そういう時には、柔らかい座布団類が必要になります。

 

【クッションの種類】
痔瘻になった時、座った時の痛みを緩和する場合に用いられるクッションがあります。それは円座クッションと呼ばれ、クッションの真ん中に穴が開いている種類のものです。そのクッションは、痛みがある時に座っても、肛門に体重が掛かる事がないので、痛みを和らげてくれます。

スポンサードリンク

 

【長時間座らなければ普通の座布団】
痔瘻で、座る時に痛みを感じる場合は、円座の座布団があった方が良いので、なるべく使用する事をお勧めします。しかし、長時間座る事がない場合は、普通の物を使用しても大丈夫です。そのため、痔瘻だから円座を使わなければならないという事もありません。

 

入院している時や、寝ている時は、円座クッションが無くても大丈夫ですが、退院した場合や、どうしても座っている時間が長くなる場合は、円座クッションが無ければ痛みが辛くなる事があります。そういった場合は用意しましょう。

 

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加