痔瘻 場所

痔瘻が出来る場所はどこ

スポンサードリンク

 痔瘻は症状が出ると痛みを感じます。その痛みは人によっても様々で、出来る度合いや場所によって異なります。また、膿の出方でもその症状は様々です。

 

【出来る部分】
痔瘻が出来る場所は、肛門周辺です。直腸と、肛門の境目にはくぼみがあります。それを肛門小窩と言いますが、ここから細菌が侵入すると、奥の方で膿の塊が出来ます。ここがまさしく痔瘻の疾患場所となります。

 

【出来るところで症状が違います】
痔瘻が出来るのは、直腸と肛門の間にあるくぼみと言われています。その部分の奥には、肛門腺があり、そこに細菌が侵入すると膿の塊が出来てしまいます。しかし、これは前段階であり、ひどくなると、座っていられない程の痛みを感じます。

スポンサードリンク

 

【症状の段階で痛みが違います】
腫瘍が出来る場所により、その症状や痛みが違います。また、腫瘍の症状や場所により、治療の方針や難易度がかなり変わってきます。腫瘍が出来ている場所が浅い場合、肛門周辺には痛みや腫れが等の症状が出てきます。深い場合、外見上ではわかりませんが、発熱や痛みが激しくなります。

 

痔瘻は、その大きさ、症状、出来る場所によって痛みを伴います。軽い症状が出た場合でも、酷くなる前に医師の診断を受けましょう。肛門周辺に痛みを感じた時や、膿で下着が汚れるようになった場合、初期症状が出ている可能性があるので、速やかに医師の診断を受けましょう。痛みを伴ってしまうと、座っている事も辛くなります。早目に治療しましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加