痔瘻の名医 手術

痔瘻の名医が行う手術と入院期間

スポンサードリンク

 痔瘻で入院する場合、一カ月から二ヶ月の期間が必要となります。以前は、大きく切り取る手術を行う医療機関がありましたが、現在では、医療技術の発達により、専門の治療を行う事により、傷口は小さくて済むようになりました。

 

【手術では、確実に切除する事が必要】
痔瘻は、放置してしまうと大変なことになります。それは、放置したことにより、肛門がんになってしまう可能性が高くなります。そうならないために、痔瘻の名医は、痔瘻を発症した患者すべての方に、手術を行う事になります。痔瘻の名医が診察を行い、確実に治療する必要があるので、治療を勧められた場合は受けましょう。

 

【痔瘻の種類と手術】
痔瘻を放置すると、高い確率で肛門がんに発展してしまうので、痔瘻の名医は、ほぼすべての患者に手術を勧めています。また、痔瘻には、T型、U型、V型、W型といった種類があり、それぞれで治療の方法が異なります。痔瘻の名医は、その種類によって適した方法で治療を行っています。

スポンサードリンク

 

【T型とU型の手術】
痔瘻の名医が行う手術は、以前まではT型とU型、そのほかのタイプでも、種類に関係なく原発口や原発巣、痔瘻患部すべての切除を行いました。その方法を、痔瘻切開開放術式と言います。痔瘻治療の場合、肛門括約筋を残せる方法と、残せない場合が出る事がありました。肛門括約筋を残す方法の場合は問題ありませんが、肛門括約筋を残すことが出来ない場合、肛門のしまりが悪くなり、思わしくない結果になってしまう可能性もあります。そのため、今では痔瘻に対しての治療法が考案されています。

 

痔瘻が心配な場合、治療するのに抵抗感を持っている方が殆どですが、症状が軽い重いに関係なく、出来るだけ早めに受診し、軽度な進行状態での治療をお勧めします。早期発見が、がん予防や治療の度合いにも関係してくるので、医師の診断を受けましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加